田中康夫氏のAORへの愛が凄いらしい

個人的なAORということでは、TOTOのAfrica。
この曲を初めて聴いたのは、小室哲哉氏と元奥様のユニット“True Kiss Destination”がカヴァーしていた方が先だったのだが、世代が全く違う私にAORというものを教えてくれたきっかけの曲でもある。

先日まで、とある案件でアメリカ的なデザインを組まなきゃいけない流れから、ひたすらAORと呼ばれるジャンルの曲を聴いていた。
AORと属されるアーティストを割と幅広く聴いていたのだが、それをあるラジオのディレクターさんに話したら「田中康夫氏はAORへの造詣が深い」らしく、自身のラジオ番組に私物をレコードを持ち込んでくるくらい、凄いらしい。
しかも番組タイトルは、「たまらく、AOR」である。これは、もうAOR過ぎる状況だ。田中康夫氏といえば、「なんとなく、クリスタル」の著者であり、元長野県知事のあの人である。
よくよく考えたら、AOR的な雰囲気が漂っている気がしなくはない。

Comment

CAPTCHA


This post doesn't have any comment. Be the first one!

hide comments
ShareTw.Fb.Pin.
...

This is a unique website which will require a more modern browser to work!

Please upgrade today!